主催:てんかんをめぐるアート展2019 実行委員会

        日程

2019年10月31日(木)~11月2日(土)

午前10時~17時(最終日は16時まで)

     協力

ターナー色彩株式会社、ひといろプロジェクト、パープルデー大阪、株式会社ノーサイド、ノックオンザドア株式会社 順不同

    場所

神戸商工会議所2Fイベントホール
〒650-8543 神戸市中央区港島中町6丁目1番地
(第53回日本てんかん学会学術集会開催場所の向かい)

        後援

神戸市、兵庫県教育委員会、神戸市教育委員会、神戸市子ども家庭局、(公社)日本てんかん協会大阪府支部、(公社)てんかん協会兵庫県支部、読売新聞社、朝日新聞社、毎日新聞社、産経新聞社、神戸新聞社、順不同(申請中含む)

     問い合わせ先

•てんかんをめぐるアート展2019運営事務局: 

大阪市浪速区日本橋西2丁目5-11つたやビル3F 株式会社エフ・キー内 

担当 植野泰治(エフ・キー)sakuhin@t-art2019.net    

 

アクセス

 

てんかんは、小児期から老年期まですべての年齢層で発病し、発症すると生涯にわたって治療を必要とすることも多々ある疾患です。そのため、患者さんやご家族、医療・教育を含め、かかわりを持つ関係者はてんかんとともに長い人生を共に過ごすことになります。その中で生まれる様々な体験は様々な感情や思考を生み出します。てんかんをめぐるアート展は第50回日本てんかん学会学術集会の際に始まった企画ですが、そこに集まるアート作品のすべてに、「てんかんをめぐる」感情や思考が表現されているように感じられ、感動したことを昨日のことのように覚えています。

 

本企画はその後の学術集会でも継承され、それぞれ規模やコンセプトは異なるものの、「てんかんをめぐる」感情や思考を通じたアートが表現されており、多くの方に強い印象を残してきました。今回我々はてんかんをめぐるアート展を「てんかんを持つ人、支える人」のアートだけではなく、独自の企画として病院というpublic spaceにあって患者さんやご家族、関係者に癒しを与えるホスピタルアートもご紹介させていただきます。

​てんかんをめぐるアート展2019実行委員から

 

てんかんをめぐるアート展2019

てんかんのある人のアートと寄り添うアート(ホスピタルアート)

主催:てんかんをめぐるアート展2019 実行委員会

        日程

2019年10月31日(木)~11月2日(土)

午前10時~17時(最終日は16時まで)

     対象

てんかん患者と家族及び転換に関心のあるすべての皆様

​(医療、教育、福祉、ホスピタルアート関係者、一般の方 等)

    場所

神戸商工会議所2Fイベントホール
〒650-8543 神戸市中央区港島中町6丁目1番地
(第53回日本てんかん学会学術集会開催場所の向かい)

        入場料

​500円(3日間共通:御来場者様には絵葉書5枚進呈)

​※第53回日本てんかん学会学術集会参加者には無料優待券配布

B.寄り添うアート

 *医師から贈る手作りのあかり(指導:照明塾)

 *ホスピタルアートに向けての特別展示
   赤崎みま/いまふくふみよ/山本修司:(企画:ひといろプロジェクト)   

 *映画にひろがる言葉より(いせフィルム 文:林玲子)

A.てんかんのある人や関わりのある人たちのアート

 *一般公募作品(てんかんのある人の作品や、支援する方々の作品

 *仲間とつくる団体作品(豊中支援学校 箕面支援学校 その他大阪府下の支援学校等多数参加)

 *てんかんと共に生きるアーティストの作品展示  

てんかんをめぐるアート展2019

てんかんのある人のアートと寄り添うアート(ホスピタルアート)

 

市民公開講座

        日程

2019年11月2日(土)午後1時~4時

    場所

神戸商工会議所会館 神商ホール(3階)
〒650-8543 神戸市中央区港島中町6丁目1番地
(第53回日本てんかん学会学術集会開催場所の向かい)

        入場料

​無料

     対象

​学校教員、看護教諭、保育士、看護師、児童デイ職員など

1.

こどものてんかん:基礎知識について

(岡崎 伸:大阪市立総合医療センター小児神経内科 副部長)

2.

てんかんの内科的対応:(救急対応や坐薬の使い方等)

(九鬼 一郎:大阪市立総合医療センター小児神経内科 医長)

3.

てんかんの外科的対応の現状

(押野 悟:大阪大学医学部 脳神経外科 準教授)

4.

てんかんと発達症:その支援の基本

(高田 哲:神戸市総合療育センター診療所長/神戸大学名誉教授)

テーマ:子どものてんかんと教育・保育~その理解と対応~
 
        申し込みは下記 先着順で
 

てんかんをめぐるアート展2019実行委員会名簿(順不同、敬称略)

​委員長

副​委員長

​永井利三郎

小出泰道

委員

松本 理器

​岡崎 伸

九鬼 一郎

井上 岳司

大星 大観

​監事

事務局

最上友紀子

植野泰治

桃山学院教育大学 教授

​小出内科神経科  副院長

神戸大学大学院医学研究科    脳神経内科学分野 教授

大阪市立総合医療センター    小児神経内科 副部長

大阪市立総合医療センター    小児神経内科 医長

大阪市立総合医療センター    小児神経内科 医長

大阪母子医療センター      小児神経科  医員

大阪母子医療センター      小児神経科  副部長

株式会社エフキー

高田 哲

神戸市総合療育センター診療所長 神戸大学名誉教授

アートコーディネータ

川西真寿実

(ひといろプロジェクト)

 

•てんかんをめぐるアート展2019運営事務局: 

大阪市浪速区日本橋西2丁目5-11つたやビル3F 株式会社エフ・キー内 

担当 植野泰治(エフ・キー)sakuhin@t-art2019.net    

TEL.06-6635-0300 FAX06-6635-0500

CONTACT

お問い合わせ
てんかんをめぐるアート展2019​運営事務局
 

​御寄付の依頼

本会の開催と運営は、対象や趣意が異なることから、日本てんかん学会学術集会とは別になっております。共催である第53回日本てんかん学会学術集会様から資金や入場料収入は限られており、それだけでの開催は困難であります。

運営は非営利は活動であり、御賛同頂けますみなさまから御寄付(後協賛)を頂き開催をしたいと思っております。

ご多難の折り誠に恐縮でございますが、本大会の趣旨にご賛同いただける皆様に、御協賛・御寄付の御支援を賜り頂けますようお願いできれば幸いに存じます。

御高配と御援助の程衷心よりお願い申し上げます。

2019年4月吉日

てんかんをめぐるアート展2019実行委員一同

(代表 永井利三郎)

多くのご協力いただき、ありがとうございました。

お問い合わせ

•てんかんをめぐるアート展2019運営事務局: 

大阪市浪速区日本橋西2丁目5-11つたやビル3F 株式会社エフ・キー内 

担当 植野泰治(エフ・キー)sakuhin@t-art2019.net    

TEL.06-6635-0300 FAX06-6635-0500

広告の受付

本会では、配布のための小冊子を製作いたします

小冊子への広告を募集いたします

なお、御希望の方々(会社様・医院様)は、御名前(社名)を本HP、当日会場でのポスター掲示も させていただきます

多くのご協力いただき、ありがとうございました。

お問い合わせ

•てんかんをめぐるアート展2019運営事務局: 

大阪市浪速区日本橋西2丁目5-11つたやビル3F 株式会社エフ・キー内 

担当 植野泰治(エフ・キー)sakuhin@t-art2019.net    

TEL.06-6635-0300 FAX06-6635-0500